フィリピンと日本で貧困問題解決に向けて活動するNPO法人アクセス・フェアトレード事業部のHPです。ココナツ雑貨やグリーティングカードを購入することが、貧しい人々の自立支援につながります。

わたしたちのフェアトレードとは

フェアトレードとは現地の生産者・労働者の、人間としての権利や尊厳、文化を尊重し、製品を公正な価格で取引する貿易のことです。

NPO法人アクセスではもともとあった生産者グループと取引するのではなく、フィリピンの貧しい人々を組織して生産者グループを一から作ります。アクセスが現地で生産者のエンパワメント(技術・能力向上)プログラムを実施し、作られた商品を日本で販売しています。

買取価格はお互いの合意のもと1年に1回見直されます。現在は1時間働くとコメ1kgを購入できる価格に設定しています。定価の10~15%が生産者の収入になり、それ以外の売上金は現地での活動費(エンパワメントプログラム費等)、日本での活動費、材料費、輸送コスト等に充てられます。アクセスではフェアトレード事業を長期的に継続できるよう、フェアトレード事業部単体で採算が取れる運営をすることを目指しています。

わたしたちのフェアトレード商品を購入することが、フィリピンの貧しい人々の自立支援につながります。

関係図3

アクセスのフェアトレード 4つの目的

1.人間らしく働ける仕事を通じた経済的自立サポート

    • 貧困地域に暮らす住民に、安全で人間としての権利の尊重された仕事の機会を創出し、継続的な現金収入の道をひらくことで、生産者が経済的に自立した生活が送れることをサポートします。

2.生産者および生産者団体のエンパワーメント

    • 個々の生産者および生産者団体の生産技術や組織運営能力を向上し、生産者がメンバー間で協力しながら自信を持って働き、社会的に自立することをサポートします。

3.生産者団体の地域の貧困問題への貢献を後押し

    • 生産者団体が地域全体の貧困問題解決に寄与することをサポートします。

4.日本でのフェアトレード運動の推進

    • 日本での商品販売を通じて貧困の現状を伝えます。貧困問題の解決につながる身近な手段のひとつとしてフェアトレードの普及をめざします。

 

生産者の自立へのステップ